街中の自転車の走行について

以前より放置自転車等自転車の問題はありましたが、最近になって自転車が加害者の事故に有罪判決が出たり、逮捕者が出たり自転車の取り扱いや運転がますます話題になっています。葛飾区では交通事故の半分近くが自転車の関係したものです。混雑した道路では、自転車が歩行者や車の間をすり抜けるといった光景も見受けられます。自転車に乗る人のモラルの問題もありますが、やはり注意を喚起するなどのソフト面だけでなく自転車専用レーンの設置や標識などハード面の整備も必要であると考えます。私の近くの平和橋通りには自転車専用レーンが設置されており、スムースな走行が見られます(写真)。しかしすべての道路に十分な道幅があるわけではなく検討が必要です。人も車も安心して安全に走行できるための対策が取られ、自転車を巻き込む事故が起こらないように対策を考えたいと思います。

コメントは受け付けていません。