葛飾区郷土と天文の博物館

「葛飾区郷土と天文の博物館」で、すばらしいクラシック音楽と天体ショー(プラネタリウム上映)のハーモニーを体験しました。製作された博物館担当者の皆さんのオリジナリティーに感動しました、館内には映像を中心にした現在に至るまでの郷土の歴史の展示もあります、私がとりわけ印象に残ったものは昭和22年の洪水の記録でした。カスリーン台風関係のこれだけの情報を一度に見たのは初めてで、改めて防災対策の必要性を強く感じました、博物館の趣旨からやや外れると思いますが、災害の記録と同時に現在の区の様々な防災対策、特に各地域にある防災対策備品の解説等が少しでも展示解説されていると、いざという時の皆さんの心構えになるのではないかと思いました。

コメントは受け付けていません。