葛飾区立学校等における新学期に向けた新型コロナウイルス対策について

新年度となり子供たちは期待を胸に新学期を迎えようとする時期ですが、新型コロナウイルスの感染拡大につきましてまだまだ予断を許さない状況が続いております。、

さて、本日(4/2)16時に開催されました葛飾区教育委員会において、今後の区立学校等における対応について議決されましたので、お知らせいたします。
1 経 緯
〇2月28日に第7回葛飾区危機管理対策本部(新型コロナウイルス)の方針を受けて、教育委員会では区立小中学校・幼稚園及び特別支援学校を3月2日から3月25日まで臨時休業することを決定した。
〇臨時休業中は、各学校と連携し、やむを得ない事情の子どもたちの一時預かり、卒業式及び修了式を簡素化しての実施等、子どもたちの健康・安全を第一に対応してきた。
〇都内において、陽性患者が急激に増加するなど、感染拡大の局面にあるなか、今後の対応については、東京都からの通知(令和2年4月1日)を踏まえ以下のとおりとする。
2 基本方針
令和2年4月6日(月曜日)から5月6日(水曜日)まで臨時休業とする。なお、保田しおさい学校については、当面の間、臨時休業とはしない。
3 学校等における対応
・始業式は、各学校が予定した日程で、修了式に準じて簡素化して実施。
・入学式(入園式)は、卒業式に準じて簡素化して実施する。内容は、入学許可、校長式辞などとし、歌の斉唱は行わない。
・4月10日(金曜日)を登校日に設定(小学1年生を除く)13日以降は検討。
4 児童への対応等
・自宅で過ごすことが原則。やむをえない場合は4月7日(火曜日)から5月6日(水曜日)までの期間、原則小学1~3年生を対象に学校で預かる。土日祝日は実施しない。
・公立学童保育クラブは午前中から運営。私立学童保育クラブには引き続き協力を依頼。密集を避けるため、学校側と学校施設の活用についても協議。
・わくわくチャレンジ広場は、4月6日(月曜日)から5月6日(水曜日)まで中止する。

皆様におかれましても、どうぞ感染には十分にお気をつけてお過ごし下さい。

コメントは受け付けていません。